PHPカンファレンス福岡で Laravel Queue に関する登壇をしてきました

6/16 に行われた PHP カンファレンス福岡で Laravel Queue に関する登壇をしてきました。

6/16 に行われた PHP カンファレンス福岡で 「Laravel Queue で作るスケーラブルなバッチシステムの構築」 というタイトルで登壇をしてきました。

以下はその登壇資料です。

DEMOで使用した 内容は以下にまとめてあります。

Laravel Queue を利用したタスク処理

Laravel における Queue の利用 中編 – 非同期キューの管理

Laravel における Queue の利用 後編 – 失敗したタスクの管理

Laravel Queue

Queue の仕組みそれ自体は非常にシンプルなもので基本的なPHPプログラミングができるエンジニアであれば誰でも組めるかもしれません。

しかし複数のワーカーで分散処理をさせたり、database を利用していたものを将来的に redis / sqs に移行する…となるとどうでしょうか?

失敗したジョブの管理は? ディレイは? 運用後に後々発生しうる様々な問題に大して Laravel Queue は シンプルな解決策を提供してくれます。

PHPカンファレンス福岡に参加してみて

福岡の PHP カンファレンスは毎回、スポンサーや登壇者への配慮が行き届いていて、イベント運営上参考になる部分がとても多いです。

受付付近においてあったスポンサーフラッグなんかは、いずれ自分のイベントとかで取り入れたいなぁとか思いました。

ちなみに関西でもPHPカンファレンスを開催します! 大阪 グランフロントにて 7/14 開催!

福岡から新幹線で 2時間半程度なので ぜひお越しくださいませ。チケット発売中です!

https://2018.kphpug.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です