PHPカンファレンス関西 2018 で Heroku に関する登壇をしてきました

7/14 に行われた PHP カンファレンス関西2018で Heroku に関する登壇をしてきました。

7/14 に行われた PHP カンファレンス関西2018の 「HerokuでPHPアプリ開発速度を倍にする」 というセッションの中で、開発現場におけるHeroku の活用紹介として登壇をしてきました。

以下はその登壇資料です。

当日は、動画を利用した解説を主として、PhpStorm や Terminal を利用せずWebブラウザだけで簡単に完結するインフラ管理の様子をデモしました。

スライドでは補足的に、Heroku を利用した運用の機能一覧と、「高速な開発フローを支える現場づくり」を支えるHeroku としてのカタチを紹介しています。

Heroku とワタシ

スライド内でも紹介のある通り、株式会社 タンバリン の技術顧問として、長らく Heroku を用いたシステム開発に携わってきました。

Salesforce は柔軟な 管理画面と APIで CRM運用システムを高速に構築できるツールですが、
カスタマー向けのフロントシステムの開発は、必ずしもできあいのものでなんとかなるとは限りません。

カスタマー向けのシステム構築が開発スピードのボトルネックとならないためにも、高速な開発フローの構築が求められる中、Heroku を用いた開発体制は非常に役に立ちます。

よく言われるようなインフラの知識がなくても簡単に環境が準備できる、というPaaSの便利さはもちろんですが、
今回のスライドでは、開発現場における環境の明瞭さ、に焦点を当てています。

Heroku を開発現場で利用して便利だなぁと感じた点は主に以下のような点です。

  • 開発初期の段階から、テスト環境、本番環境を簡単に揃える事ができる。
  • 検証が必要なフェーズで別途検証環境をすぐ用意する事ができる。
  • 乱立した複数の環境同士の差分やデプロイステータス、デプロイフローを看板形式の画面で可視化できる

スライド内でも上げたとおり開発現場においては、「リリースこそが正義」で、ローカルでいくら開発を重ねても
関係者間のフィードバックをスムーズに得られないことには、品質は向上しません。

より良いものを早く作るための開発フロー・開発文化づくりとして、Heroku の導入を是非検討してみてはいかがでしょうか?

PHPカンファレンス関西 2018

当日はスタッフとして参加していて、弊社スタッフにも実行委員長をやったり、デザインをやったり、当
日参加の学生スタッフチームを仕切ってもらったりと色々頑張ってもらいました。

企画としてけっこう苦心してリリースとなった ガラポン抽選会は、景品も、カードのデザインも非常に好評頂いていたみたいで、とても良かったです。

サイトも Nuxt で PWA として作成したものが、スマホで見やすいなどの声を頂いたりしていて、とてもやった甲斐があったなぁという感想です。

https://2018.kphpug.jp/

簡単な PWA でのWeb制作や、イベントサイトのデザイン・制作などアレばぜひお声がけいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です